mastemのブログ

本好きの備忘録( *´艸`)ゆるゆる感想と日常について書いてます

【読書感想文】「むらさきのスカートの女/今村夏子」

こんにちは、読書大好きtotocco(トトッコ)です(*^-^*)

今回は今年話題となったこちらの本の感想をゆるゆると書いていきたいと思います^^

第161回芥川賞受賞作品です(*^-^*)

 

「むらさきのスカートの女/今村夏子」

 

◆あらすじ

「黄色いカーディガンの女」である私は、友だちになりたいと思っている女がいる。

それは「むらさきのスカートの女」と呼ばれる人物。

彼女と仲良くなるため、ストーカーや自分の職場に彼女が応募するように仕向け、念願叶い、彼女と同僚となったが…。

 

 

◆感想

権藤がものすごくヤバイ人物だった!

(権藤は黄色いカーディガンの女であり、この話の主人公)

日野まゆ子(むらさきのスカートの女)にぶつかってみようと思い、うまくかわされてしまい、肉屋さんのショーウィンドウにぶつかり壊したり、仕事は勝手に抜けるし、職場であるホテルではホテルの備品を勝手に持ち出して転売する等…。

そしてショーウィンドウの弁済で家賃が払えなくなると、いつでも逃げ出せるように算段を付ける。

 

そしてむらさきのスカートの女が異常な人物とされてきたが、冒頭から主人公の方がヤバイのではないかと感じる描写が随所にある。

主人公な異常行動の中に、日野をほぼ毎日ストーカーしている描写がある。

そのおかげで((・・?)で読者たちは日野の日常がどんどんと知ることに…。

 

日野は仕事に慣れるにつれ、どんどんと変化していく。

ある時、ホテルの備品がバザーに出されていることが匿名で連絡が入り、バザー会場の近所に住む日野が疑われる。

そして一緒に所長までも疑われたため、彼は日野の自宅へ行って日野が1人でやった、所長は関係ないと言うように迫られる。

そして怒った日野は所長ともみ合う内に所長を2階から突き落としてしまう。

例のごとく、現場を見ていた主人公権藤。

彼女はすぐに日野のもとに訪れ、逃げるように言う。

逃げる先を伝え、駅のコインランドリーに着替えなどが入ったカバンがあることを教える。

そして自分も後から追いつくと言って別れることに。

 

 

しかしその後日野は行方不明となる。幸い所長は無事だった。

後日みんなで所長のお見舞いへいくことに。

全て日野のせいとなっていた。

しかし家賃が払えなくなって家を追い出された権藤は所長にお金を貸してくれるように頼みだす。

断られたが、所長と日野が揉めている際に日野が所長がホテルに宿泊した女優の下着を盗んだことを思い出して誰にも言わない代わりにお金を用意してもらうことに成功!

 

ハッピーエンドだったのか?

こんなにも不思議な話は他に読んだことがないってくらい奇妙な作品でした(*´ω`)

この奇妙さが癖になる笑

 

しかし女性だらけの職場が恐ろしい。

そして新人の女性に付け込む所長は万死に値すると思ったtotoccoでした~

 

雑記 私事ですが…

こんにちは、totocco(トトッコ)です(*^-^*)

今日はプチ報告です!

 

先日妊娠していることが判明しました!

と言ってもまだ小さすぎたため、来週再度診察することにはなっているけれどね!

 

最近なんなく、ムカムカしたり熱っぽい気がするなぁと思ったり…。

ちなみに夫のリアクションはかなり低かった(´;ω;`)

更に言えば、先日夫が受けた資格試験結果の方がリアクション良かった(# ゚Д゚)

 

…どうやら夫は突然のことでびっくりしたよう…。

その後は寝る前まで妊娠中に食べちゃダメな食べ物を調べてくれたり、子どもが生まれた時に今の車だと不便だから車を買い替えようとかいろいろと提案してくれた。

まぁ完全に興味ないわけじゃないし、どうしていいのか分からなかったんだろうなと思ったtotoccoでした~。

ひとまず大好物の刺身、およびお寿司とはしばしの間お別れです(´;ω;`)

 

ここまで読んでくれてありがとうございました^^

雑記 ぐうたら主婦の日常はツムツムで回っている件について

こんにちは、ぐうたら主婦のtotocco(トトッコ)です(*^-^*)

今年も残り半月を切りましたね~。

大掃除を一日でするのはくたくたになるので、分割してやっている最中のわたしです(笑)

先日ピカピカに磨いたコンロが、昨日夫が油淋鶏をリクエストしてくれたお陰で油でギトギトに(´;ω;`)

明日時間を取ってピカピカに磨こう(´;ω;`)

 

さて、ここ最近のマイブームはツムツムなわたしと夫。

今朝は夫を見送った後にツムツム。

ツムツムの♡が切れたので、回復するまで家の中の掃除と食器洗いと洗濯物畳み。

ツムツムする。

♡がたまるまで図書館で本返しと借りてくる。

米澤さんの「Iの悲劇」という本を借りてきた^^

 

予約してやっと手にした本!

読むの楽しみ(*^-^*)

 

ついでに買い物。

ツムツム。

簡単な昼食。

ツムツム…。

以下省略。。。

 

というなんとものんびりな時間を過ごしています*1

夫が帰ってきたら夕飯の支度をしよう^^

 

そういえば、皆さんは年賀状どうしていますか?

2日前から親戚とお互いの両親に贈る年賀状の準備をしています(*^-^*)

年賀状は友人たちとはLINEで済むから、両親や親戚たちもそれで済ませたい笑

 

ここまで読んでくれてどうもありがとうございます^^

 

*1:´∀`

【読書感想文】「生命式/村田沙耶香」

こんにちは、読書大好きtotocco(トトッコ)です(*^-^*)

今回は以前も少し紹介した村田沙耶香さんの作品の紹介を^^

先日全て読み終えたのでゆるゆると書いていきます(*^-^*)

 

「生命式/村田沙耶香

 

◆あらすじ

村田さんの12の短編集が収録された1冊。

人間が死んだら食材として食べる文化が普及した社会。

読んでいると次第に自分の価値観が揺らぐ作品集です^^

 

◆感想

12の作品の中で個人的にベスト3を発表します^^

 

1生命式

2素晴らしい食卓

3孵化

 

1は以前の途中読書感想文で魅力を書いたので、割愛します笑

2位の素晴らしい食卓は、妹がいる女性が主人公。

彼女の妹が今度彼の両親にある料理を作ってもてなすので手伝ってほしいという。

しかしその料理は、彼女の前世の料理。

中二病が未だに治らない妹が、前世の料理を作るがかなりゲテモノ。

それを彼女は日常生活では1人で食べている。

それを彼の両親に振舞うという。

果たして相手の両親の反応は…?

 

読み終わると一番クレイジーだったのが主人公の夫というオチ。

痛い妹の話でもあったが、一番痛いのはこの夫。

食べ物は文化。それぞれの食事は異文化ちうことにしっくりきた。

自分では普通、これは異常という線引きはあくまでもその人個人だけであり、他の人を含んだらそれが一般化できないことに気づかされた。

 

例えばわたしの夫の実家では、お雑煮の中におもちではなく餡餅を入れる。

これはかなりの衝撃だったけれども、相手の文化だから尊重していこうと思った。

 

3位の孵化(うか)は、相手に合わせた人格を作る女性の話。

多重人格者ではないけれど、誰にでもあるのかもしれないと思った。

そばにいる人間はたくさんの彼女の性格を見たら、一体どれが本当の彼女なのか困惑するだろう。

程度の差はあるだろうけど、人にはこんな風な一面はみんなあるんじゃないか。

「孵化」ではラストがかなり狂っている。

夫となるマサシの人格ではなくなった時のハルカの絶望。

自分の異常さを受け入れてもらうために、彼の人格が変わるはなんとも切ない。

もう二度と以前の彼ではない。

新しい自分と暮らしていくという意味の「孵化」だろうか。

「孵化」というにはあまりにも悲しくて、「喪失」を強く感じる作品でした。

 

 

◆さいごに

村田さんの作品はどれもいい意味でクレイジーなものが多くてとても読んでいて楽しい!

そしてかなり考えさせられる^^

ここまで読んでくれてどうもありがとうございました^^

雑記 週のはじめは少し憂鬱な件について

こんばんは、本が大好きtotocco(トトッコ)です(*´ω`)

今朝は夫が4時起きの週でしかも月曜日。

必然的にわたしも起きて朝ごはんとお弁当の用意が待っている…(-_-;)

 

昨日の夜も夫と一緒にツムツム祭りをしていたので、起きれる自信がなかった。

なので徹夜してました笑

 

3時くらいから朝ごはんとお弁当のおかずの用意。

そして食卓におかずたちをセットして夫を起こして入れ替わりに寝ました*1

おかげで変な時間に起きてしまった苦笑

 

明日は普通に起きれるように頑張ろうという話でした~

ここまで読んでくれてありがとうございました^^

*1:´∀`

【雑記】日常の細々とした用事を1つずつ済ませると気分が良い件について

こんにちは、読書大好きtotocco(トトッコ)です(*´ω`)

さて、今回はタイトルの通りです。

朝からいくつかのタスクがあって、それをこなしたという。

ちなみに今日のタスクはこちら。

 

スーパーで買い物

あまり気乗りしないメールの返事(なんていうことを書いているんだろう笑

食器洗い

洗濯

在宅ワークでの記事の構成を考える

夫のお弁当を作る

お昼ご飯の支度をする

ツムツムをする笑

 

けっこうこなせてすごく気分はスッキリ^^

もう少ししたらツムツムして村田さんの「生命式」の続きを読もう♡

なんでもない日常でした~